大東京綜合卸売センター新聞

          平成29年10月14日号

■  10月[旧暦:神無月]。大相撲秋場所は

3横綱を始め多くの休場者が出て心配され

ましたが、一人横綱の日馬富士がなんとか

優勝し面目を保ちました。

 また、新入幕から3場所連続の

勝ち越しを決めた阿武咲(おおのしょう)も

今後、おおいに期待できそうです。


 さて、来る10月28日(土)は恒例の

“真つ昼間市〜ハロウィン秋の収穫祭”を

開催します。おなじみのスタンプラリー&

お楽しみ抽選会、しじみすくい取り大会、矢崎

小和太鼓、高瀬道場殺陣、小柳小ブラスバンド

とハワイアンライブ、キャンディプレゼント、

府中アスレティックFC参上等々お楽しみが

いっぱいです。秋の一日を是非、ご家族

連れでお楽しみ下さい。


 また、11月には、新しいお店もオープンする

予定です。ご期待下さい。

 

・夕(ゆふ)されば、小倉(おぐら)の山に、

  伏す鹿(しか)の、今夜(こよい)は鳴かず、

    寐(い)ねにけらしも

 

大意〜夕暮れになると、小倉の山に住む

鹿は、伏せて鳴くのですが、今夜は鳴かずに、

静かに眠りについたようですね

             [作者: 雄略天皇] 

  

 

■当店の『こんなんいかが?』

   マルシン 〜第3通路東側 

 

☆和包丁☆

 刃物の街 大阪府堺市にある『堺孝行刃物』

は海外まで名を馳せる和包丁のメーカーです。

当店では“市場品質の庖丁”として常時

70種類を展示。プロの料理人はもちろん、

料理好きの一般の方まで熱心なファンの方

が購入されています。

 

       

 

  ※全品値札より20%引き

 


         

 

 

 

■ご存知ですか〜この野菜と果物

    ”ザクロ”

学  名  Punica grantum


原産地  アジア


概  要 ザクロはブドウとともに古くから

      栽培されている果樹である。

      種子が多いことから、古代ギリ

      シャ、ローマでは豊穣のシンボル

      であり、中国でも子孫繁栄の象徴

      として結婚式の縁起物にされたと

      いう。地中海東岸から北西インド

      に至る地方に分布し、南西アジア

      地域では古くから栽培されていた。

      現在では、アメリカ(カリフォル

      ニア、アリゾナ)、イタリア・スペ

      インなどの地中海沿岸諸国、

      ロシア、インド、中国で果樹として

      栽培されている。

      わが国には、10世紀頃渡米したが、

      ほとんどが鑑賞用で、果実は副産

      物として利用される程度である。

      落葉小高木(湿潤な熱帯地方では

      常緑)で、分枝が多く、棘がある。

      輸入されるザクロは、ほとんどが

      アメリカ(カリフォルニア)産で、

      大果品種のワンダフルの系統で

      ある。果皮は深紅色で、直径9cm

      前後だが、12cm以上になるものも

      ある。重さは500〜800gになる。

      種子は淡紅色透明で多汁質の

      種皮に包まれ、この部分を食用

      又は飲用にする。

      甘酸っぱい味と独特の風味がある。


食べ方 割って、種子のまわりを生食にする

      ほか、清涼飲料(グラナダディン:

      Granadine)の原料にする。焼酎

      漬けにするとピンク色の美しい

      果実酒が出来る。


出回り期 8〜11月にアメリカから入るほか、

      イランからも少し入る。

 

※本記事は東京都情報連絡室情報

公開部都民情報課「ごぞんじですか 

この野菜と果物」より抜粋したものです。



  

 

 

 

       

 

 

       

 

※次回は真っ昼間市チラシ11月11日号

に掲載予定です。

東京都府中市矢崎町4の1
大東京綜合卸売センター
電話 042(364)8211

http://www.fuchu-doc.co.jp/